エクストレイルT32前期 【grow】フロントグリル,

50様専用 ボンネットのみ 【受注生産品】

50様専用 ボンネットのみ
ヴェルファイア30系後期 ゴールデンアイズ ボンネット グリルセットになります! グリルのところのトヨタエンブレムセンサーはございません。 ボンネット、グリルともに新車外しですが保管に伴う小傷はあります。 色は070 ホワイトパール クリスタルシャインです。 発送方法は大きいものなので、西濃運輸カンガルー便になります! バラ売り可!! 近場であれば直接引渡しも可能です。 値引き交渉もOKです!! #ヴェルファイア #30系 #後期 #ボンネット #グリル #TOYOTA #トヨタ
日本語を勉強したノートをめくって見せるビクトリア・モルチャノヴァさん=福井市で2022年9月15日午後1時26分、大原翔撮影 拡大
日本語を勉強したノートをめくって見せるビクトリア・モルチャノヴァさん=福井市で2022年9月15日午後1時26分、大原翔撮影

 ウクライナ人のビクトリア・モルチャノヴァさん(33)と母リュボーフィ・クシニリエンコさん(58)、ビクトリアさんの息子(9)の3人が4月に福井市に避難してきてから、10月で半年を迎えた。日本語を覚え始め、車の免許も取得して自家用車で運転するなど、日本での生活に慣れてきている。表情も半年前に比べすっかり緊張はほぐれているが、ロシアからの侵攻が続く祖国ウクライナの現状に話題が及ぶと、顔を曇らせ募る郷愁を口にした。【大原翔】

 「日本の生活に慣れるのに必死で、時間が過ぎるのはあっという間でした」。福井市内の自宅で取材に応じたビクトリアさんとリュボーフィさんの2人は、日本での半年間をこう振り返る。

ウクライナの現状について神妙な面持ちで語るビクトリア・モルチャノヴァさん(左)とリュボーフィ・クシニリエンコさん=福井市で2022年9月15日午後2時34分、大原翔撮影 拡大
ウクライナの現状について神妙な面持ちで語るビクトリア・モルチャノヴァさん(左)とリュボーフィ・クシニリエンコさん=福井市で2022年9月15日午後2時34分、大原翔撮影

 まず驚かされたのが、2人の日本語の上達ぶりだ。2人は週2回、ボランティアから教えてもらっている程度だが、記者が「日本語には慣れましたか?」と聞くと、ビクトリアさんは通訳役で同席した姉のイリーナさんを介さず「分かるようになってきたけど、やっぱり日本語は難しい」と返答。リュボーフィさんは会話はまだ苦手だが、読み書きは着実にできるようになっているという。

 背景には、日本人の友人ができたことがあるようだ。2人は毎週日曜、自宅近くの教会に通っている。毎回約30人が集まるが、2人以外はほぼ全員日本人。ともに神父の話を聞いたり、お祈りをしたりするために通ううちに友人ができた。ビクトリアさんは「みんな良い人で、先日は一緒に食事にも連れて行ってくれた。教会に通うことでウクライナのためにも祈れる」と楽しげに話す。リュボーフィさんも「優しく接してくれ、交流することで日本語も上達させてもらえるのでありがたい」と感謝する。

 5月中旬から市内の小学校に通う息子も、学校生活に徐々に慣れてきたという。当初、まずは日本での生活に慣れるため午前中だけで下校していたが、9月後半からは他の児童と同じ時間に登下校するようになった。「給食がおいしい」と喜んでもいる。ただ、日本語はまだ話せないため友達との仲が深まらず、イリーナさんに「『私と友達になってください』を日本語で教えて」と求めてくるという。

 また、ビクトリアさんは7月に車の運転免許を取得し、その後自家用車を購入。当初は「車線やハンドルがウクライナと左右反対で苦労した」が、毎日息子の通学時の送迎や買い物で運転することで、慣れてきた。記者は取材時、助手席に乗せてもらった。道路の運転やバックでの駐車を一つ一つの操作を丁寧に確認しながら運転するビクトリアさんの姿に、半年間必死で日本の生活になじもうとしてきた努力がうかがい知れた。

記者を乗せて車を運転してくれたビクトリア・モルチャノヴァさん=福井市で2022年9月15日午後2時42分、大原翔撮影 拡大
記者を乗せて車を運転してくれたビクトリア・モルチャノヴァさん=福井市で2022年9月15日午後2時42分、大原翔撮影

 ただ、難航しているのが仕事探しだ。ビクトリアさんは8月からハローワークに複数回行き、衣料品店などの募集情報について相談したが、就職には至らなかった。ビクトリアさんは「日本語がまだ十分に話せないから雇ってもらえないのかも」と漏らす。リュボーフィさんも「日本語は毎日勉強していて少しずつ上達しているが、言葉をそこまで話さずに済む仕事ができたらうれしい。週3~4回のアルバイトでもよいので、とにかく早く働きたい」ともどかしさを訴える。

 仕事面での苦労はありつつも日本での生活になじんできた2人だが、ウクライナ侵攻を続けるロシアについて問うと、途端に表情をこわばらせた。ビクトリアさんは「いつまで戦争を続けるのか。ロシア人は早くウクライナから出ていってほしい」と語気を強める。

 現地に残る家族への思いは日に日に強まっている。現地は特に夜中にロシア軍のミサイルが飛び交っているため、現地時間の朝6時ごろに当たる日本の午後2~3時ごろ、現地の家族と電話をして安否を確認する毎日だが、リュボーフィさんは「ウクライナ北東部のスムイ州に住む妹や友人は『(電話で話せるのは)今日で最後かもしれない。明日は生きていないかも』と恐怖を口にしている。こんな思いをさせるロシア人がすごく嫌いです」と明かす。ビクトリアさんは「日本の人たちはとても良くしてくれて感謝しているが、やっぱりウクライナが恋しい。できれば、いつかは故郷に帰りたい」とこぼした。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

50様専用 ボンネットのみ 外装、エアロパーツ 【受注生産品】

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版2面

ふそう ジェネレーションキャンターワイパーパネル標準交換タイプ

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月11日デイリー版2面

プラド用 M'sスピード フロントスポイラー

 「欧州のオーナーオペレーター(船主兼運航船社)の首脳が最近来日し、日本船主との間でまとまった隻数のケミカル船のセール&リースバック(S&LB)案件を決めたことが話題になっている」(商社船舶部) …

2022年10月07日デイリー版1面

c-hr 10 50 前期 モデリスタ ブーストインパルス フロント  新品

 瀬戸内しまなみ海道で30日に開催される国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」に多数の欧州の海運関係者らの参加が見込まれている。日本は11日から入国制限が緩和され、海外の海事関係者の来日…

2022年10月07日デイリー版1面

s660 フロントリップ カーボンリップ リップスポイラー

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版4面

ミニクロスオーバーF60 ユニオンジャックテールランプ

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版1面

値下げ フロアボード ハーレー ツーリング ソフテイル フットペグ

 清水建設が建造を進めてきた世界最大級のSEP船(自己昇降式作業船)が完成し、5日、兵庫県相生市のJMUアムテック相生事業所で報道陣に公開した。今回のSEP船は約2万8000総トン、クレーンの吊り上げ…

2022年10月06日デイリー版4面

笠木 アオリ カバー セット キャリィトラック ハイセット 等

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

EK4 シビック フェリオ 純正ドアモール 1台分

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

無限MUGEN RC1、2オデッセイ フロントグリル ロアグリル セット

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…