10セルシオ用ショックアブソーバー(ダウンスプリング用)KYBローファースポーツ,
MH23S HE22S TEIN FLEX-K 減衰調整式 フルタップ 中古,

HB21S アルトワークス ARCインタークーラー 2017年秋冬新作

HB21S アルトワークス ARCインタークーラー
HB21Sアルトワークスにて使用 ARC製インタークーラーの出品になます 画像で確認できるように 取り付け部の一部が欠けています  エア漏れなし  使用には問題ありませんでした 本体のみ ホース類は付属しません
昭和のデザインで復刻した「アデリアレトロ」。左が「台付きグラス」で、右手前がお菓子などを入れる「ボンボン入れ」。写真中央の白い花のタイプ(デザイン名「野ばな」)の台付きグラスが最も人気があるという=石塚硝子提供
昭和のデザインで復刻した「アデリアレトロ」。左が「台付きグラス」で、右手前がお菓子などを入れる「ボンボン入れ」。写真中央の白い花のタイプ(デザイン名「野ばな」)の台付きグラスが最も人気があるという=石塚硝子提供

 創業200年余の老舗メーカーが1970年代に流行したレトロ柄のプリントグラスを復刻販売したところ異例の売れ行きを記録している。外部からのコラボレーションの依頼は100件を超える人気ぶり。大ヒットの裏には、「売れるはずがない」と懐疑的だった上司にGOサインを出させた若手女性社員のこだわりがあった。それは、「昭和のいびつさ」をあえて残すことだった。【増田博樹】

インスタに50年前の製品写真がずらずら

 当時、日本の多くの家庭にあったプリントグラス。昭和世代なら、カラフルな花のイラストなどが描かれたガラス製のコップを記憶している人も多いだろう。

 製造元は、ガラス食器メーカー「石塚硝子(がらす)」(愛知県岩倉市)。「アデリア」ブランドで70年代(昭和45~54年)を中心に販売し、かわいらしいポップなデザインで親しまれ、さまざまなタイプのグラスやデザート皿、お菓子入れなどが昭和の食卓を飾った。

 しかし、はやり廃りはつきもの。時代は次第に落ち着いたデザインの食器を求めるようになり、昭和50年代後半には姿を消していく。

 半世紀近くたった2018(平成30)年春、当時を知らない20代の女性社員3人が復刻のきっかけをつくる。マーケティングの一環として、インスタグラムで「#アデリア」と検索してみたところ、昔のグラスの投稿が大量に見つかったのだ。

 アデリアは今も現役の同社のガラス食器ブランドだが、検索でヒットした約3000の投稿のうち7割は大昔に販売を終了したレトロ柄のグラスだった。

 その社員の一人、杉本光さん(同社ハウスウェアカンパニー市販部企画グループデザイナー)がこの時のことを振り返る。

 「50年前の製品なのに今もこんなにたくさんの人に支持されていることにとても驚きました。昭和レトロで大変かわいらしく、『これは売れる!』と思いました」

 杉本さんたちは復刻を会社に提案する。しかし、上層部の50~60代の男性にとってはレトログラスは過去の商品。「昭和の古くさいデザインの商品が売れるはずがない」と却下されてしまう。

 しかし、3人はあきらめない。手分けして何軒もビンテージショップを訪ねては「ぜひ復刻してほしい」といった声を聞き取り、ニーズがあることを示す材料を集めた。販売先になってくれそうな取引先にも相談し、インスタグラムの検索結果をデータ化して示すなどして再挑戦する。

 その後、何度か却下されたものの、ようやくテスト販売にGOサインが出た。とはいえ、杉本さんは強い手応えを感じていたわけではなかった。

 「昭和レトロの製品が売れるのかどうかについては、(会社は)最後まで懐疑的だったのかなと思います。『ここまで調べて一生懸命やっているのだからやってみたら』という感じでした」

 同年11月、雑貨チェーンのオンラインショップなどを通じたテスト販売を始めた。すると、1500セットが完売。19(令和元)年10月からの本格販売につながった。シリーズ名は「アデリアレトロ」だ。

昭和のデザインを忠実に再現

 本格販売は決まったものの、デザインを追加するのには苦労した。社内に当時のデザイン画や商品がほとんど残っていなかったのだ。杉本さんらはビンテージショップを訪ねて当時の商品を購入したり、収集しているファンからグラスを借りたりと奔走する。

 トレーシングペーパーをグラスに当ててなぞるなどしながら、デザインを改めて描き起こした。気をつけたのは…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

HB21S アルトワークス ARCインタークーラー エンジン、過給器、冷却装置 2017年秋冬新作

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版1面

テイン車高調アルテッツァ用 サビがありますが固着ダンパーオイル漏れありません

 商船三井は7日、世界初の硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載した石炭船「松風丸」の建造資金として、三井住友銀行とトランジションリンクローン(移行リンクローン)による資金調達契約を締結…

2022年10月11日デイリー版2面

【ねんどさん専用】リアショック ZRX1200DAEG 2016年式

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月11日デイリー版2面

JH2 N-WGN N-WGNカスタム 4WD  JH1 BLITZ  車高調

 石油連盟は6日、OPEC(石油輸出国機構)加盟・非加盟国から成るOPECプラスが11月以降の日量200万バレルの減産を決定したことを受け、木藤俊一会長(出光興産社長)のコメントを発表した。木藤会長は…

2022年10月07日デイリー版1面

ホンダ オデッセイ RC4 純正サスペンション 中古 着払い HONDA

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版6面

30プリウス 車高調

 NTTと海洋研究開発機構(JAMSTEC)はこのほど、「超広域大気海洋観測に関する研究」について、共同研究契約を結んだ。未踏領域を含む海域での観測データの充実を図り、地球環境シミュレーションの精度向…

2022年10月06日デイリー版1面

GPスポーツ 車高調 16アリストなどに

 三井物産は4日、デンマークの海運大手APモラー・マースクグループなどと、シンガポールで船舶用メタノール燃料の供給事業の共同検討を行うことで合意したと発表した。2023年にシップ・ツー・シップ方式で、…

2022年10月06日デイリー版2面

30セルシオ SSキットプロ SSKITPRO

 東京大学が4日に開催した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」では、日本の海事クラスターの競争力強化のため、デジタルエンジニアリングをどう活用するか活発な議論が行われた。次世代燃料…

2022年10月06日デイリー版4面

210系マジェスタフロントアッパーアームメーガンレーシング

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

VOXY 純正 サスペンション

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

★★大幅値下げ★★ 【純正】レクサス IS350 サスペンション

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…