KONI コニー 330mm リアサス リアショック Z400FX,

SUZUKI新規格用ワンオフインテーク配管、エアクリセット 大勧め

SUZUKI新規格用ワンオフインテーク配管、エアクリセット
SUZUKI新規格 k6A用 インテーク配管 ワンオフ品 ステンメッシュエアクリ付き 純正はプラスチック製ですが、 こちらはワンオフステンレス 製品の配管になります。 インタークーラーは付きません。 ご購入頂いて車両から取り外し発送 準備致します。
岸田文雄首相 拡大
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は24日の衆院予算委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への宗教法人法に基づく調査に関連し、教団被害者などから自身も直接面会して意見を聞く意向を明らかにした。「私も直接お話を聞かせていただきたい」と述べた。【小田中大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

SUZUKI新規格用ワンオフインテーク配管、エアクリセット エンジン、過給器、冷却装置 大勧め

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版2面

イデアル車高調 フロントブラケット ワゴンR MH23s

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月11日デイリー版2面

S200系ハイゼットトラック 2インチ リフトアップキット ハイリフト

 石油連盟は6日、OPEC(石油輸出国機構)加盟・非加盟国から成るOPECプラスが11月以降の日量200万バレルの減産を決定したことを受け、木藤俊一会長(出光興産社長)のコメントを発表した。木藤会長は…

2022年10月07日デイリー版1面

KONI コニ ショック 4本 ヘビートラックレイド ランクル80 100

 瀬戸内しまなみ海道で30日に開催される国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」に多数の欧州の海運関係者らの参加が見込まれている。日本は11日から入国制限が緩和され、海外の海事関係者の来日…

2022年10月07日デイリー版1面

トヨタ 85 ノア ヴォクシー エスクワイア 用車庫調

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版4面

車高調

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版1面

BLITZ ZZーR インプレッサ(GRB/GRF/GVB/GVF)専用

 商船三井は5日、シンガポールで1万2000立方メートル型LNG(液化天然ガス)船「Brassavola」の命名式を開催したと発表した。同船は2023年に竣工し、従来型燃料に比べて環境負荷の低い船舶用…

2022年10月06日デイリー版2面

ファイナルコネクション ルークス パレット

 東京大学が4日に開催した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」では、日本の海事クラスターの競争力強化のため、デジタルエンジニアリングをどう活用するか活発な議論が行われた。次世代燃料…

2022年10月06日デイリー版4面

S15 イケヤフォーミュラ アッパーアーム

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

テイン ストリートベイシス 20 アルファード ヴェルファイア

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

ススギスポーツ 車高調

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…