Valenti Revo 86/BRZ,

30アルファード 30ヴェルファイア スリーキャッツ 中間ストレート マフラー 優れた品質

30アルファード 30ヴェルファイア スリーキャッツ 中間ストレート マフラー
良い音します。 ついつい踏んじゃいます マフラー上げにもよし スリーキャッツ
毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影 拡大
毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影

 来日中のシャーマン米国務副長官は25日、東京都内で毎日新聞の単独インタビューに応じた。北朝鮮の核実験の可能性について「近く踏み切るというのが一般的な見方だ」と述べ、間もなく7回目の核実験が実施されるとの認識を示した。

 シャーマン氏は「北朝鮮による核実験は世界が懸念すべき、深刻な問題だ」と指摘した上で、「日米韓は次官級から首脳級まであらゆるレベルで連携して対処している。私が来日している理由でもある」と述べた。北朝鮮はバイデン米政権による対話路線への復帰の求めに応じていない。シャーマン氏は制裁などで北朝鮮を抑止すると同時に「我々は常に外交と対話を呼び掛けており、北朝鮮の選択にかかっている」と強調した。

 また、中国共産党大会で異例の3期目が決まった習近平総書記(国家主席)については「国の支配を完成させた」と明言。中国は法の支配に基づく国際秩序の下で発展を遂げたにもかかわらず、「今は世界全体でなく自分たちを利するルールに書き換えようとしており、不公平だ」と批判した。

 また、習氏が台湾統一に向けて武力行使も辞さない考えを示していることについて、「台湾海峡での現状維持はこれまでずっと機能しており、現状を変更することは誰の利益にもならない」と語り、台湾海峡の安定と平和を維持することの重要性を訴えた。

 一方、ウクライナに侵攻するロシアが「ウクライナが放射性物質をまき散らす『ダーティーボム』(汚い爆弾)を使用する準備をしている」とする主張に対しては、「全くのでっちあげで、極めて憂慮している」と批判。その上で「日本は北朝鮮やロシアが核兵器を使用した場合の影響をどの国よりも理解しており、これらの問題における日本のリーダーシップに感謝している」と述べた。

 シャーマン氏は26日、森健良外務事務次官、韓国の趙賢東(チョヒョンドン)外務省第1次官との日米韓次官級協議に臨む。【金寿英】

拉致問題考慮「対話の道必要」 発言要旨

毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影 拡大
毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影

 毎日新聞と25日に会見したシャーマン米国務副長官の発言の要旨は次の通り。

<北朝鮮>

 北朝鮮は近く、核実験に踏み切るというのが一般的な見方だ。世界が懸念すべき、深刻な問題だ。日米韓3カ国の次官級協議が26日に行われる。3カ国が協力すれば、北朝鮮を抑止する上で、より大きな効果を上げることができる。

 我々は外交や対話の道は閉ざしていない。紛争は求めていない。日本には日本人拉致問題という課題もある。拉致被害者家族の話を記事で読んだが胸が潰れそうな気持ちになる。そのためにも対話の道は開けておかなければならない。

 北朝鮮を核保有国として認めてしまうと、核不拡散の約束をほごにすることを促すことになりかねない。米国は同盟国などと結束し、あらゆる手段を使って北朝鮮に、行動には結果が伴うことを理解させる。ただ、同時に外交の道は開かれていなければならない。

<中国>

 第20回中国共産党大会が終わり、習近平総書記は、中国全体の支配を完成させた。中国は法の支配に基づく国際秩序の下で発展してきた。しかし、今は世界全体でなく自分たちを利するルールに書き換えようとしており、不公平だ。米国は日本を含め各国と協力し、法の支配に基づく国際秩序を維持していく。

 台湾海峡をめぐる情勢については、現状を変更することは誰の利益にもならない。しかし、誰も望んでいない紛争の危険がある。台湾海峡の平和を維持しなければならないという強い姿勢を日本も示していることに感謝したい。

<ロシア>

 (ロシアの核使用をほのめかした威嚇は)危険で無責任だ。ウクライナが、放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使用する準備をしているというロシアの主張は、全くのでっち上げで、極めて憂慮している。ロシアのウクライナ侵攻は欧州だけの問題ではない。もし、他国を侵攻し、領土を奪い取っていいということになれば、世界のどこかで、他の国が同じようなことをやりかねない。【金寿英】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

30アルファード 30ヴェルファイア スリーキャッツ 中間ストレート マフラー マフラー・排気系 優れた品質

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版2面

GRX130 マークX 中間 第2触媒ストレート タイコ付 センターマフラー

 「欧州のオーナーオペレーター(船主兼運航船社)の首脳が最近来日し、日本船主との間でまとまった隻数のケミカル船のセール&リースバック(S&LB)案件を決めたことが話題になっている」(商社船舶部) …

2022年10月07日デイリー版1面

86 BRZ ロッソモデロ ストレートマフラー

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版4面

jzx100チェイサー取り外し 純正触媒

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版1面

フォルクスワーゲン ゴルフ5 r32 センターパイプ

 三井物産は4日、デンマークの海運大手APモラー・マースクグループなどと、シンガポールで船舶用メタノール燃料の供給事業の共同検討を行うことで合意したと発表した。2023年にシップ・ツー・シップ方式で、…

2022年10月06日デイリー版1面

18クラウンマフラー

 清水建設が建造を進めてきた世界最大級のSEP船(自己昇降式作業船)が完成し、5日、兵庫県相生市のJMUアムテック相生事業所で報道陣に公開した。今回のSEP船は約2万8000総トン、クレーンの吊り上げ…

2022年10月06日デイリー版4面

ZRX400/Ⅱ用マフラー

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

フェアレディ z33 yパイプ ストレート マフラー

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

バリオス2 アサヒナレーシングマフラー

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…