DazzFellows テールランプ ヴェゼル,

ZZR1100チタン/カーボンフルエキ 左出し ビートナサートR 【おトク】

ZZR1100チタン/カーボンフルエキ 左出し ビートナサートR
BEET、チタンエキパイ、カーボンサイレンサー エキパイ下部に干渉キズあります。 それ以外は使用に伴う小傷ありますが大きなヘコミもなく全体的に程度は良く使用には問題ないかと思われます。 排気音も静かでチタンなのでビックリするほど軽くて珍しい左出しマフラーです。 よろしくお願いいたします! 車種  ZZR1100 年式・適合  ZR1100D メーカー  BEET 付属品  バンド、ステー、バネ 材質  チタン/カーボン JMCA番号 00429102
取材に応じる知床遊覧船の従業員だった男性。言葉を選びながら事故を振り返り、乗客や家族には「申し訳ないではすまない」と語った=東京都内で2022年10月12日、国本愛撮影 拡大
取材に応じる知床遊覧船の従業員だった男性。言葉を選びながら事故を振り返り、乗客や家族には「申し訳ないではすまない」と語った=東京都内で2022年10月12日、国本愛撮影

 「僕も含め、全員が甘かったんです。仕事に対する意識の何もかもが」。北海道・知床半島沖での観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」沈没事故の当時、運航会社「知床遊覧船」従業員だった50代の男性が10月中旬、毎日新聞の取材に応じた。男性は事故を振り返った後、痛みをこらえるように顔をゆがめた。事故は23日で発生から半年となる。

 男性は2021年夏から、事務員として働いていた。事故が起きた4月23日、桂田精一社長と豊田徳幸船長=死亡=は「天候が悪くなった時点で引き返す」という条件付きで出航を決めたとされる。条件付き出航の場合、受付で事前に乗客へ説明することになっていた。しかしこの日、そうした指示はなかったという。海に出て仕事をした経験がなかった男性は朝の天候にも疑問を感じず、普段通りに乗客を出迎えた。そして、豊田船長ら乗員2人を含めた計26人は誰ひとり、元気な姿で戻らなかった。

 それ以来、事故のことを考えない日はない。乗客の家族らには「『申し訳ない』だけでは到底足りない。自分が持っている語彙(ごい)では言い表せない」と声を詰まらせる。ただ「一つ言葉にできるとすれば……」と前置きして言った。「せめて、もっと一人一人の乗船前の様子をしっかり覚えておけば、ご家族に伝えることだけでもできたのに」

 午前9時ごろ、最初に受付を訪れたのは、岐阜からの夫婦だった。半年近く前からの予約と気づいてうれしくなり、「ありがとうございます」と伝えた。2番目の男性は、一眼レフカメラと大きな望遠レンズを持っていた。知床で撮影したヒグマの写真を見せてくれ、話が弾んだ。

 出航後は事務所にいた。午後0時55分ごろ、天候の悪化に不安を覚えて豊田船長の携帯に電話したが、つながらなかった。午後1時10分過ぎ、「船が傾いている」とカズワンから助けを求める連絡がアマチュア無線で入ったと、同業他社の従業員が駆け込んできた。複数回のやりとりの後、カズワンからの連絡はなくなった。

 「早く救助を」。そう願ったこと以外、そこからの記憶はほとんどない。

 あの日、受付時間を過ぎて駆け込んできた女性と幼い男の子がいた。この後に出る別の船の予約分と思って受け付けをしていた途中で、カズワンの乗客だと気づいた。慌てて、出航直前の船へ案内した。「あの時、もう間に合いませんと乗せずにいたら」。今も繰り返し思う。

 男性は最近、知床遊覧船を退職した。不満に思っていた慢性的な人手不足や、事故後に明らかになった数々の不備を改善できていれば。何より、船を出すのを止められていれば――。消せない悔いが胸の中に残る。「船長一人に責任を押しつけることはできない。僕も、そして社長も、全員に責任がある」。男性はそう話した。【国本愛】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ZZR1100チタン/カーボンフルエキ 左出し ビートナサートR マフラー・排気系 【おトク】

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版2面

最終値下げ ヴェルファイア アルファード 中間マフラー

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月11日デイリー版2面

NISMO ヴェルディナステンレスマフラー【リアマフラーのみ】フェアレディZ34

 不定期船向け運航管理システムを提供する米ベソン・ノーティカル(本社・ボストン)は6日夕、東京都内のホテルで懇親パーティーを開催した。集まった邦船オペレーター関係者ら参加者120人超に向け、最新の製品…

2022年10月07日デイリー版1面

オーバーレーシングGP-PEAFORMANCEフルチタンマフラー

 2020年に発足したオーシャンテクノロジーズ・グループは、海事eラーニング大手の「シーガル」と同「ビデオテル」を傘下に有し、積極的なM&A(買収・合併)戦略でクルー管理やフリート管理分野を含めて存在…

2022年10月07日デイリー版4面

jc75 グロム ビームス ステンレス マフラー クララ様専用

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版1面

KCテクニカHA23 アルト ステンレスエキゾーストマニホールド K6A NA

 清水建設が建造を進めてきた世界最大級のSEP船(自己昇降式作業船)が完成し、5日、兵庫県相生市のJMUアムテック相生事業所で報道陣に公開した。今回のSEP船は約2万8000総トン、クレーンの吊り上げ…

2022年10月06日デイリー版2面

18クラウン スリーキャッツ リアストレートマフラー

 東京大学が4日に開催した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」では、日本の海事クラスターの競争力強化のため、デジタルエンジニアリングをどう活用するか活発な議論が行われた。次世代燃料…

2022年10月06日デイリー版4面

SXEアルテッツァ!オリジナルオールステンレス中間ストレートマフラー

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

マフラー テールエンド ステンレスタイプ 大口径 新品 アウトレット 322

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…