マークX 130 前期 ヘッドライト シーケンシャル,

スポーツ触媒 汎用 全商品オープニング価格!

スポーツ触媒 汎用
ドイツHJS製の汎用スポーツ触媒、 PE-Catalyst採用の上位モデルです。 ツーリングカーやWRCの定番パーツ、詳細は下記HP参照下さい。 http://sors.jp/hjs/motorsport.html FIA認証番号:WRC 1279/10 PE 写真は以前出品したもので、同様の新品未開封品です。 汎用シュラウド付属、写真の物が全てです。 前回同様&送料込みですので、価格交渉はご容赦ください。 NC/NRで宜しくお願い致します。

 食品宅配のオイシックス・ラ・大地は25日、給食大手のシダックスに対する株式の公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。大株主の投資ファンド「ユニゾン・キャピタル」が保有していた全株式を含むシダックス株の約28%を取得し、筆頭株主となる。買い付け総額は約84億円。今後、給食など食品関連事業での協業について検討を進める。

 オイシックスは8月30日、ユニゾン社の全保有株取得を目指してTOBを開始。価格は1株541円で、途中で期間を延長し、最終的に今月24日を期限としていた。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

スポーツ触媒 汎用 マフラー・排気系 全商品オープニング価格!

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版1面

クロム4.4インチスリップオンマフラーメガホンディープランブルサウンド ハーレー

 商船三井は7日、世界初の硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載した石炭船「松風丸」の建造資金として、三井住友銀行とトランジションリンクローン(移行リンクローン)による資金調達契約を締結…

2022年10月11日デイリー版2面

ワゴンR ターボ K6A 触媒 キャタライザー

 石油連盟は6日、OPEC(石油輸出国機構)加盟・非加盟国から成るOPECプラスが11月以降の日量200万バレルの減産を決定したことを受け、木藤俊一会長(出光興産社長)のコメントを発表した。木藤会長は…

2022年10月11日デイリー版2面

フーガ社外マフラー

 不定期船向け運航管理システムを提供する米ベソン・ノーティカル(本社・ボストン)は6日夕、東京都内のホテルで懇親パーティーを開催した。集まった邦船オペレーター関係者ら参加者120人超に向け、最新の製品…

2022年10月07日デイリー版1面

86後期 BEFREEマフラー

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版1面

フジムラオート ジェントルサウンドマフラー

 2020年に発足したオーシャンテクノロジーズ・グループは、海事eラーニング大手の「シーガル」と同「ビデオテル」を傘下に有し、積極的なM&A(買収・合併)戦略でクルー管理やフリート管理分野を含めて存在…

2022年10月07日デイリー版4面

低走行エブリィWターボ.DA64W触媒、中身あり

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版4面

FUJITSUBO Authorize K(オーソライズ ケイ)社外マフラー

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

【本日限定価格】SUZUKI K6A 触媒 キャタライザー 85G-C07

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

30アルファード スリーキャッツ 中間ストレート

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…